ドールとの出会い

こんにちは。
見に来てくださって、ありがとうございます
私とドールとの出会いは、6~7年前のこと、図書館で見つけた
学研さんの「カントリードール」が、きっかけです。
母があまり針を持たない人でしたので、私も裁縫が大の苦手
いろんなものがスイスイ縫える手芸好きな友達を、とっても
尊敬していました。
結婚してからミシンを買って、クッションカバーや、ソファーカバーを
やっとこさ縫い始めました。
それでも、トールペイントや、ドールハウス千代紙人形など
布以外の趣味を楽しんでいたんです。
そんな時、「カントリードール」の本に出会って
あぁ、かわいいなーって、作りたいなーって、思ったんですね
やはり、アメリカ式のハンドメイドは、いい意味で大衆化されているというか
万人に作りやすいようになっているんですね。トールペイントもそうですけど。
洋服の着脱がなかったり、顔などはペイントで良かったり。
これならできそうと作り始めて、こちらが初期の作品です。

む1
む2
プププッ・・・・。何かおもしろい

ブルーの子は、私の古着で作ったんですよ。昔はすごい色合いを着ていましたね。
この子たちは、かなり大きくて50cm位あるんです。ドロワーズや、ペチコートに
たっぷりレースを使うので、かなり莫大なになってしまうんです。
もっと気楽に楽しめて、場所もとらないようにと、少しずつ小さくしていったのでした。
   (次回に続きます。)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ (人形)・ぬいぐるみへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
また遊びに来てくださいね


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)