地震後起こったこと4*お米が見つかるパート2

玄米600gですと、ちょっと不安・・・。

次の日も、だめもとで朝から買い出しに行きますと・・・

いつも前を通る
街の小さなお米屋さんが、目に入ってきました。

中には3~4人の人たちが、いらっしゃって
何だか、お米があるように見えるんです。

でも、こうゆう所はもう、お得意様のために
全部なくなっているんじゃないかな~。
そう思ったのですが、一応中へ・・・。すると・・・

お米が~~パック詰めにされていなくて
木製の箱々に山盛りのお米たちが~~~
わぁ~~ん見つかった~~

でもこうゆう所はお値段がお高いんじゃないかしら~?
おそるおそる確認しますと・・・

1kg 340円給食当番という、かわいくて思いやりのあるネーミングの
お米があったのです

うぅ~~うれしいぃ~~

早速購入したのですが、玄米の状態を
その場で脱穀してくださるという、素晴らしいお米屋さんなのでした。

そして、お米屋さんのお母さんは
「こんなの~~石油ショック以来よ~~。本当にすご~く売れてる」と
くったくなく、おっしゃったのでした。

よく考えてみますと、こちらのお米屋さんは
近くに自社倉庫を持っていらっしゃったんです。
お米屋さんの名前の入ったビルが、あったんですね。
わたしはそれを、アパートかなって思っていたんですけど・・・。
ですから流通がだめになっても、こんなにあったんです。

皆様の身の回りの、素敵な倉庫付きお米屋さんを
捜しておくと、いいですよ~~

いざ!という時スーパーは頼れないことも、あるんです。
パンも、パン屋さんにはありましたからね





スポンサーサイト